<店長おすすめ>キナ・ラエロ・ドール

5,815円(税込6,280円)

*そのまえに・・キナって何?という方へ

植物であるキナは、実は日本では劇薬として指定されている成分ですが、『キニーネ』を含むキナ抽出物は、食品添加物としてしっかり国から認可されています。トニックウォーターに苦味を加える添加物として入っているほか、 ワインやその他のお酒に使用されています。たとえば、薬事法ではコーヒーに含まれる「カフェイン」も劇薬指定されています。キニーネもカフェインもともとキニーネは、マラリアの特効薬としてよく知られ、昔から使用されてきました。
ハーブ大百科によると、薬用の効能として;
●マラリア、神経痛、筋肉のけいれん、に効果あり
●ごく普通の風邪、インフルエンザの特許製剤の成分でもある
●外用薬として喉の痛みのうがい薬に使用する
と書かれています。


19世紀の終わりから20世紀の初頭が”キナ”や”キンキナ”と呼ばれるフレンチアペリティフ(食前酒)の黄金時代でした。 植民地で疫病に苦しむ兵士たちに、薬として投与するキニーネを飲みやすくするために作られたのが”キナ”のリキュールです。 人々に喜ばれる味にするため、その土地によって好まれる味に合わせて原料の調合をしたので、地域によって色々な味のスタイルのキナリキュールが生まれました。

”キナ・ラエロ・ドール”はアルプス−プロバンス・スタイルのキナ・リキュールスタイルを踏襲しています。コルテーゼ種のブドウから作られる、白ワインにキナの樹皮とオレンジピール、ニガヨモギ、スパイス類を漬け込んでつくられます。美しい黄金色をしており、アロマはカリン、上質なマーマレードのよう。複雑でマイルドな苦味がバランスの良い甘さとせめぎ合い、舌を刺激してフィニッシュをより長引かせます。

そのまま冷やしてストレートでもすばらしいのですが、オンザロックでも楽しめます。ソーダやトニックで割ればアルコール度が軽めのリフレッシュドリンクが出来上がります。

”キナ・ラエロ・ドール”はベスパマティーニやコープスリバイバーなど20世紀のクラシックカクテルに使用すればもちろん最高です。
原産国:スイス アルコール度:17° 容量:700ml


プロのバーテンダーのみなさまへ朗報です!

ヴェスパー・マティーニをつくるため、リレ・ブランにアンゴスチュラを入れて苦味をつけたり、
たまに並行輸入される味が似ているとうわさのCocchi Americanoを探したり、そんな必要はなくなりました。
キナ・リレにとっても風味が近い、20世紀初頭の白ワインベースのキナ・リキュールの復刻酒、
Kina L'aero D'or(キナ・ラエロ・ドール)が発売されました!
”キナ・ラエロ・ドール”はベスパマティーニやコープスリバイバーなど20世紀のクラシックカクテルに
使用すれば、最高の1杯となります。